閉じる
  1. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  2. 車種が違うあの2台が本気の勝負!ラスト3分まさかの結果が…
  3. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!…
  4. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー
  5. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  6. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
閉じる
閉じる
  1. 【驚愕】BMW Vision Next 100が未来すぎてやばいと話題…
  2. 【驚愕】これはすごい!プール付きの車がネットで話題に!
  3. 水の上を走る!手作りで作られた木製のフェラーリ!
  4. マクラーレン・ホンダがF1参戦マシンMP4-31を発表!
  5. 世界で最も高い車ベスト5!1位の車の総額はなんと・・・8億円!
  6. ランボルギーニのV12エンジンを搭載したフィアット500がすごいと話題…
  7. BMW最新のジェスチャーコントロールコンセトカー「iビジョン・フューチ…
  8. これがリアルホットウィールだ!世界一危険でクールなレーシング!
  9. 洪水の時にランボルギーニガヤルドを走らせた結果・・・衝撃の事実が判明
  10. 実現間近!?ランボルギーニアベンタドールがリムジンになる!?
閉じる

Buzzccar(バズッカー)クルマ好きのためのバーティカルメディア

メルセデス・ベンツのコンセプトカーIAAが近未来的すぎてついていけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回バズッカーでご紹介するのは、2015年に発表されたメルセデス・ベンツIAAについてです。メルセデス・ベンツIAAは、コンセプトカーとして公開されましたが、公開されると同時に世界各地から「今まで見たことがない!」「僕らが想像していた未来はすぐそこまで来ている。」など多くの驚きの声がありました。
そこでバズッカーでは、世界中の人々を驚かせためメルセデス・ベンツIAAについてご紹介したいと思います。
それでは早速みていきましょう。
動画もありますので、気になる方は、動画をチェックしてみてください。

 

メルセデス・ベンツIAAとは?

メルセデス・ベンツのIAAとは、インテリジェント・エアロダイナミック・オートモビルの略で、現在既に大手各社採用しているアクティブ・エアロダイナミクスを速さを追求するために使用するのではなく、燃費効率を最大限に上げるために開発されたシステムのことです。つまり、インテリジェント・エアロダイナミックとアクティブ・エアロダイナミクスは、似た機能を持っているが、目的が違うということになります。
また、アクティブ・エアロダイナミクスは、スーパーカーと言われるランボルギーニやフェラーリにはもちろんレクサスなどに搭載されています。

メルセデス・ベンツIAAは、CLSクラスを彷彿とさせる洗練された4ドアクーペと近未来をイメージしたF015 ラグジュアリー・イン・モーションを組み合わせたデザインとなっています。一見どこにインテリジェント・エアロダイナミックが搭載されているわからないと思いますが、実はメルセデス・ベンツIAAのリアにその秘密が隠されているのです。
aaaa

メルセデス・ベンツIAAを横から見ると下記の画像のようになっています。通常時は特に変わった様子はありませんが、ある条件を満たすとリアに変化が起こります。
それは、運転席に設置されたボタンを押すか走行速度が80km/hに達すると自動的にテールランプを取り囲むようにプレートが出てきます。これこそがインテリジェント・エアロダイナミックになります。

1111

111110
さらに実はリアだけでなくもう一箇所、インテリジェント・エアロダイナミックが隠されている場所があります。
それがフロントバンパーの周囲です。こちらもリア同様にボタンを押すか走行速度が80km/hになるとアクティブ・エアロダイナミクスが作動し空気抵抗をなくすことができます。

aaaaa

aaaaaaa

インテリジェント・エアロダイナミックを使用することで空気抵抗が通常時よりもなくなるため、より快適な走りを実現することが可能となります。

IAAの内装は超!近未来的

ここからは、メルセデスベンツIAAの内装についてご紹介していきます。ネットでもメルセデスベンツIAAの内装が近未来的だと話題になっていました。果たして一体どんな内装なのでしょうか?それでは早速見ていきましょう。

2016-02-02_150239
2016-02-02_150252
2016-02-02_150307

この内装をみるとまるでスタートレックに出てくるような近未来感が伝わってきます。特に内装をすべて白くし、LEDを青と赤紫を使用している点がより一層未来的な雰囲気をかもし出しています。現行の車でそのような仕様にしてもきっとこうはなりません。それは外観が合ってこそだからです。

最後に

今回は、メルセデスベンツIAAをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?近未来をイメージして作成されただけあり、外装、内装ともに近未来を彷彿としていました。さらに今回は、業界初となる新システムインテリジェント・エアロダイナミックを使用したことで、より多くのファンを驚かすことができたメルセデスベンツ。今後このような車が街を走行する日もそう遠くないと思います。販売されたら是非乗ってみたい一台です。

おすすめ記事

  1. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  2. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  3. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!
  4. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  5. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気アクセスランキング

おすすめ記事

ページ上部へ戻る