閉じる
  1. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!…
  2. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  3. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  4. 車種が違うあの2台が本気の勝負!ラスト3分まさかの結果が…
  5. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  6. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー
閉じる
閉じる
  1. 【驚愕】BMW Vision Next 100が未来すぎてやばいと話題…
  2. 【驚愕】これはすごい!プール付きの車がネットで話題に!
  3. 水の上を走る!手作りで作られた木製のフェラーリ!
  4. マクラーレン・ホンダがF1参戦マシンMP4-31を発表!
  5. 世界で最も高い車ベスト5!1位の車の総額はなんと・・・8億円!
  6. ランボルギーニのV12エンジンを搭載したフィアット500がすごいと話題…
  7. BMW最新のジェスチャーコントロールコンセトカー「iビジョン・フューチ…
  8. これがリアルホットウィールだ!世界一危険でクールなレーシング!
  9. 洪水の時にランボルギーニガヤルドを走らせた結果・・・衝撃の事実が判明
  10. 実現間近!?ランボルギーニアベンタドールがリムジンになる!?
閉じる

Buzzccar(バズッカー)クルマ好きのためのバーティカルメディア

マクラーレン・ホンダがF1参戦マシンMP4-31を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回バズッカーでは、マクラーレン・ホンダが発表した2016年のF1マシンMP4-31について色々とご紹介していきます。
動画もあるので是非参考にしてくださいそれでは早速見ていきましょう!

今回発表されたMP4-31は、ネット上に車体デザイン画像が流出していましたが、ネットのデザイン画像通り昨年と同様にダークグレーのカラーリングが施されたボディカラーとなっています。
マクラーレンホンダは、昨年期待していた結果には届かず、コンストラクターズ・ランキングは10チーム中9位という結果でした。
この成績不振の原因としては、ホンダが開発したホンダ製パワーユニットと言われています。
今回新たに発表されたMP4-31は、基本的な性能はもちらん、昨年問題視されていたホンダ製パワーユニットも大幅な改善され、新たにRA616Hというパワーユニットが開発された。
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久氏によるとRA616Hについて「コンプレッサー周りなどを中心にハードウェアを進化」させたとのことです。

また、今回のMP4-31の開発にあたりマクラーレンCEOのロン・デニス氏は、このように語っています。

「昨年、新たに参戦を果たし、2シーズン目となるマクラーレンホンダは、勝利という共通のゴールを目指し、一丸となって開発を進めています。
いつ勝てるのかを予測するのは容易ではありませんが、このオフ・シーズンの数ヵ月、開発に専念したチームの努力に敬意を表します。
自動車メーカーとともに挑む体制こそ、現在のF1で唯一成功を収められるのです。
昨年に直面したチャレンジングなシーズンを経て、私たちの絆は深まり、『共に戦い、共に勝つ』という意思はより強固なものになりました」(引用元:http://f1-gate.com/mclaren/f1_30018.html)

最後に

今回バズッカーでは、MP4-31についてご紹介しました。
いかがでしか?まだ詳細な情報がありませんが、今年のマクラーレンホンダには注目です。
昨年成績不振を改善するため、新たに開発されたRA616Hというパワーユニットが今年のレースに大きく影響を与えることは間違えありません。

おすすめ記事

  1. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  2. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  3. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!
  4. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  5. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気アクセスランキング

おすすめ記事

ページ上部へ戻る