閉じる
  1. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  2. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー
  3. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!…
  4. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  5. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  6. 車種が違うあの2台が本気の勝負!ラスト3分まさかの結果が…
閉じる
閉じる
  1. 【驚愕】BMW Vision Next 100が未来すぎてやばいと話題…
  2. 【驚愕】これはすごい!プール付きの車がネットで話題に!
  3. 水の上を走る!手作りで作られた木製のフェラーリ!
  4. マクラーレン・ホンダがF1参戦マシンMP4-31を発表!
  5. 世界で最も高い車ベスト5!1位の車の総額はなんと・・・8億円!
  6. ランボルギーニのV12エンジンを搭載したフィアット500がすごいと話題…
  7. BMW最新のジェスチャーコントロールコンセトカー「iビジョン・フューチ…
  8. これがリアルホットウィールだ!世界一危険でクールなレーシング!
  9. 洪水の時にランボルギーニガヤルドを走らせた結果・・・衝撃の事実が判明
  10. 実現間近!?ランボルギーニアベンタドールがリムジンになる!?
閉じる

Buzzccar(バズッカー)クルマ好きのためのバーティカルメディア

異色のスピード対決!スピードスケーターVSジャガーXK!勝つのはどっち!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回バズッカーでは、異色のスピード対決を紹介していきます!異色のスピード対決に参加するのは、スピードスケーターとジャガーXKです。この対決どちらが勝つのでしょうか?
それでは早速見ていきましょう。動画もありますので、ご確認ください。

異色のスピード対決の選手をご紹介

今回の異色のスピード対決に参戦する選手をご紹介していきます。まず最初に紹介するのは、スピードスケーターです。スピードスケートで有名な日本人選手としては、清水 宏保選手です。清水選手といえばその鍛え抜かれた体を武器に数々の賞を受賞しました。
2015-10-08_142024

スピードスケートについて
1周400mのスケートリンクを周回し、ゴールタイムを競う競技。広義では、1周111.12mのトラックを使うショートトラックスケート競技を含めることもある。ショートトラックに対してロングトラックまたはアウトトラックともいう。冬季オリンピックでは、男子500m・1000m・1500m・5000m・10000m、女子500m・1000m・1500m・3000m・5000mの個人種目のほか、トリノ大会から国別対抗団体種目として「団体追い抜き(チームパシュート)」が採用された。(引用元:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88)

また、スピードスケーターは、最高時速が約57.6kmにもなります。かなり早いですね。テレビで見るとそんな事ないようですが、実際にスピードスケートを体感したらかなりの速さになりそうです。
そんな最高速度約57.6kmのスピードスケーターと対決するのがなんとです!ほんとにこの対決は異色と言えるでしょう。
それでは、ここからは対戦相手の車をご紹介します。今回の異色のスピード対決に参戦する車は、ジャガーXKです。

78678

ジャガーXK

1999年にジャガーのデザインディレクターに就任した、アストンマーチン・DB7などを手がけたイアン・カラムによるデザイン。XKコンバーチブルは2006年にデトロイトで開催された北米国際オートショーで初公開された。2007年4月に過給モデルのXKRおよびXKRコンバーチブルが発表される。XKとのエクステリア上の差異はリアバッジとメッシュが貼られたフロントグリル。エンジンは上記V8 4.2Lにスーパーチャージャーを搭載し、当時ジャガーの量産車史上最高となる426PSを発生する。(引用元:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%BBXK)

それでは早速、対決を見ていきましょう。果たしてどんな結果になるのでしょうか。結果を見るのが楽しみです。

勝つのはどっち!?スピードスケーターVSジャガーXK

2015-10-08_143458  2015-10-08_143517

ここからは異色のスピード対決のレビューをしていきます。それでは、見ていきましょう。まず、スピードスケーターとジャガーXKが横に並びました。なんとも異様な光景です。今回の勝負の内容は、先に3周した方が勝利という単純なモノとなっています。皆さんはどちらが勝つと思いますか?また、今回の対決の目的はアイスリンクの上で車を走らせたらどんなことになるのか。スタッドレスタイヤはどれくらい効果があるのかを検証するために行われました。

2015-10-08_143536  2015-10-08_143557

まずスタートダッシュを決めたのは、スピードスケーターの方でした。やはりアイスリンクという不慣れな場所では、思いっきり踏み込めないのでどうしても加速にも時間がかかってしまっているようです。
また、スタートから5秒後には右の写真のようにかなりの差が開いてしまっています。これでは、ジャガーXKには勝ち目が見えませんね・・・。、ただ、直線で加速できれば、まだ望みはありそうです。それにしても最高時速が57kmに達するだけあってスピードスケーターがどれだけ早いのか右の写真からもわかりますね。

2015-10-08_143629  2015-10-08_143654

コーナリングの時ジャガーXKは加速したせいかうまくカーブできず、壁に衝突してしまいます。今回ご紹介した動画はトップギアの企画なのですが、毎回衝突や傷が車につくので見ている側としては少しドキドキさせられます。話しは戻りますが、コーナリングがうまくいかなかったジャガーXKはどんどんアイススケーターに突き放されてしまいます。

2015-10-08_143718  2015-10-08_143732

コーナリングの失敗から直線に差し掛かった瞬間、なんとアイススケーターに抜かれてしまいます。これでは、もうジャガーXKには勝ち目はありそうにないです・・・。
2人の差はどんどん開くばかりで、しまいには、ジャガーXKは2周遅れになってしまいました。そのことに焦ってしまったのか、下記の写真のようにハンドル操作を誤り、スリップしてしまいました。
これではもう勝つどころかレースにもなりません。

2015-10-08_143756 2015-10-08_143839

最後は、アイススケーターがガッツポーズをしてレースは終了となりました。結果発表すると、ジャガーXKは2周遅れで負けました・・・。やはりアイスリンクのような氷の上ではまだまだ車は人間には勝てないようです。
いつの日か車がアイスリンクでスリップすることなく、走る日を楽しみしてます。

2015-10-08_143904

関連記事

  1. 2千回再生された伝説の動画!ブガッティヴェイロンVSユーロファイ…

  2. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?

  3. こんなこと1度はしてみたい!深夜のショッピングセンターでカーチェ…

  4. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決…

  5. ラスト5秒まさかの展開!戦車VSレンジローバー!!

  6. 世界最速の車はどれだ!!世界一豪華なドッグレース!

おすすめ記事

  1. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  2. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  3. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!
  4. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  5. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気アクセスランキング

おすすめ記事

ページ上部へ戻る