閉じる
  1. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  2. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  3. 車種が違うあの2台が本気の勝負!ラスト3分まさかの結果が…
  4. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!…
  5. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー
  6. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
閉じる
閉じる
  1. 【驚愕】BMW Vision Next 100が未来すぎてやばいと話題…
  2. 【驚愕】これはすごい!プール付きの車がネットで話題に!
  3. 水の上を走る!手作りで作られた木製のフェラーリ!
  4. マクラーレン・ホンダがF1参戦マシンMP4-31を発表!
  5. 世界で最も高い車ベスト5!1位の車の総額はなんと・・・8億円!
  6. ランボルギーニのV12エンジンを搭載したフィアット500がすごいと話題…
  7. BMW最新のジェスチャーコントロールコンセトカー「iビジョン・フューチ…
  8. これがリアルホットウィールだ!世界一危険でクールなレーシング!
  9. 洪水の時にランボルギーニガヤルドを走らせた結果・・・衝撃の事実が判明
  10. 実現間近!?ランボルギーニアベンタドールがリムジンになる!?
閉じる

Buzzccar(バズッカー)クルマ好きのためのバーティカルメディア

車が川の底を走行!?水陸両用車もここまで進化した!衝撃の展開が・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回バズッカーでご紹介するのは、水陸両用車が川底を走行する動画です。今までの水陸両用車は、船のように川を走行するのが基本でしたが、今回は、なんと川底を走行しています。
それでは早速見ていきましょう(`・ω・´)
動画もあるのでご確認ください。

川底を走る車を徹底レビュー

2015-12-24_101404 2015-12-24_101448
画像からもわかるようにロータスに水中用のスクリューとウイングがついています。このウイングにより舵をきれる仕組みとなっているようです。
また、ガラスは、水圧に耐えられる強化ガラス製となっており、車内も内側から頑丈にガラスを支えている仕様となっています。
ちなみに今回水陸両用車に使用されてのは、ロータスエクセルという車です。こちらがロータスエクセルの詳細になりますので、知らない方はご確認ください。

260px-Lotus_Excel_1985
2代目エリートのファストバッククーペ版であるロータス・エクラの後継車種として1982年に発売された。当初は、「エクラ・エクセル」として発売されたが、その後、エクセルが正式名称となった。
エスプリなどと同じ2.2L水冷直列4気筒DOHCエンジンを鋼製バックボーンフレームに搭載し、ボディーはロータス伝統のFRPを採用した。(ウィキペディア引用

2015-12-24_101425 2015-12-24_101433

カーナビも地上を走行する際は通常のそれと変わりなく使用出来ます。また、川に入るときは、カーナビからソナーに切り替えができるようになっています。
ソナーに切り替えると画像のようにどこに岩があるかなどの位置情報を確認することができます。

2015-12-24_101511  2015-12-24_101549

いざ出発!
緊張の一瞬、ガラスは水圧に耐えながら徐々に川底にはいっていきます。川底に入るとハンドルの横にある操縦レバーを使用して川底を進んでいきます。
そして、スクリューも上手く機能しているので、何も問題が起こらず進んでいきます。

2015-12-24_101606 2015-12-24_101636

ソナーを上手く使用しながら岩などを避け、川底を進んでいきます。そして岩が近くにあると操縦レバーを使用し、交わしていきます。その際、先程のウイングが動く仕組みになっています。
また、車のヘッドライトも水圧に耐えられるように工夫されているので、光を失うことはありません。

2015-12-24_101619  2015-12-24_101736

上空から見ると上記の写真のようになります。しかし、ここで一点問題が浮上します。それは、鍵穴から水が侵入してきてしまったようです。
しかし、大量の水ではなかったので、沈没することはありません。そしてそのまま反対技師を目指して進んでいきます。

最後に

もし管理人にお金があれば一度はこんな仕様にして川底や海底を走行してみたいものです。遠くない未来では、当たり前のように陸海空を車で移動できる時代が来るのではないでしょうか。
そんな未来に管理人にも立会いたいです。

関連記事

  1. 誰も予想できない展開に!?ランボルギーニガヤルドVSラジコンカー…

  2. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー

  3. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!

  4. 水の上を走る!手作りで作られた木製のフェラーリ!

おすすめ記事

  1. 日本では真似できない!採掘場でレース!勝つのはどの車だ!?
  2. ランボルギーニHuracanが雪山でスノーモービルと犬ゾリと対決!!
  3. こんなガレージが欲しい!!大富豪のガレージが想像をはるかに超えている!
  4. 事故多発注意!車が透明になる!?人々の目を錯覚させる車が誕生!
  5. 持ち運べる車!?世界最小の車ピール!その自体を徹底レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気アクセスランキング

おすすめ記事

ページ上部へ戻る